コンバージョンポイントばかりを重視していないか──。国内化粧品市場は堅調に拡大し、それに伴い競争も激化している。数ある商品の中から、自社の商品を選択してもらうために必要な「視点」とは。また、コンバージョンポイントばかり重視することで失うものとは。今回は、実施の際の注意点と、購買に寄与するソリューションについて紹介する。

国内化粧品市場が堅調に拡大

富士経済の調査※1によると、国内化粧品市場は2015年以降、前年比3.0%を超える拡大を続けている。2018年は前年比4.0%増の2兆7,858億円となる見込みで、今後も市場は堅調に拡大する予想だ。
その中でもシェアの高い中価格帯商品では、インバウンド需要と共に、“しわ改善”の効果効能が認められた医薬部外品、敏感肌ブランドの機能性強化による敏感肌層以外の需要の取り込みが好調で、市場拡大に大きく寄与したと言われている。

国内化粧品市場規模

主にマスプロモーションによって“しわ改善”のような新しい市場が創られた後には、各メーカーから一斉に商品投入が行われる。その中で販売数を伸ばすためには、見込顧客に対して自社商品の差別化ポイントを伝達し、「選択」してもらうことが必要となる。

何を当たり前のことを…と思うかもしれないが、ここには大きな「落とし穴」があるのをご存知だろうか。
突然だが、ここで1つ質問をさせて欲しい。


あなたの会社では、CVRやCPA/CPOといった指標を高めるため、店頭やECの購入ページなど、コンバージョンポイントのUX改善を最重要視していますか?


「もちろんだ!」と答えた方は、もしかするとこの落とし穴に落ちかけているかもしれない。


記事の続きを読むためには「会員登録」が必要です。

  • 会員登録をされている方

  • 会員登録をされていない方

    会員登録いただくと、続きを読むことができます。