一般的なWebサイト計測ツールで取得できるページビュー数・クリック数・読了率などの指標だけで、コンテンツの価値を評価しようとしていませんか?深掘りすることで見えてくる本当のコンテンツの価値についてお話しします。

増え続ける情報量、疲れる生活者

テクノロジーの発達やインターネットの普及により、生活者を取り巻く消費環境は大きく変化しました。スマートフォンやPCで検索すれば、いつどこにいても簡単に情報にアクセスし、商品を購入することが可能です。

一方で情報が爆発的に増えたことにより、生活者は日々接する情報量の多さに疲労しています。2018年に野村総合研究所が生活者1万人を対象に行った調査によると※1、約7割の生活者が情報の多さに困っていると回答しています。

情報疲労


コンテンツの価値は“線”で見る

このような社会的背景の中、一連の購買プロセスに合わせて購入前のタイミングから適切なコンテンツを提供し、見込み顧客をナーチャリングしていく「コンテンツマーケティング」を行うことは、メーカーの売上最大化のために必要不可欠と言えるでしょう。

しかし、そのコンテンツは何を持って評価されるべきなのでしょうか?今回は、ユーザーがコンテンツに接触してから商品を購入するまでの流れを“点”ではなく“線”として見ることで、コンテンツを正しく評価する方法についてお話しします。

記事の続きを読むためには「会員登録」が必要です。

  • 会員登録をされている方

  • 会員登録をされていない方

    会員登録いただくと、続きを読むことができます。