化粧品業界において、コンテンツマーケティングの取り組みをされるメーカー様が多く見受けられます。コンテンツマーケティングは、何のために取り組むべきなのか。今回は、化粧品業界においてそもそもコンテンツマーケティングがどうして必要なのか。その背景を踏まえて、今コンテンツを通じたユーザーとのコミュニケーションが重要になっている理由をお伝えしていきます。

化粧品業界のジレンマ

国内化粧品市場の市場規模は年々増加しており、富士経済がまとめた「化粧品マーケティング要覧2018総括編」によると、2020年には3兆円の突破が見込まれています。※1

化粧品市場

図1 国内化粧品市場


それに伴い製造販売メーカーも年々増加してきています。スマホの普及と同時にインターネット通販会社も激増し、店頭販売を注力していた大手メーカーも徐々にEC市場へ参入してきています。

大量のモノとそれに関する情報が市場に流通したことで、生活者は自分にとって本当に有益で必要と感じる情報を膨大な情報から取捨選択するようになりました。

また、製造販売メーカーと製品が増加したことによる製品のコモディティ化が、さらなる研究開発への投資強化の機運を高め、スキンケアだけでなく様々なラインナップで機能的に差別化する商品が増えてきいます。

一方、優れた機能を有しながらも依然として薬機法の規制は強まるばかりで、自社の商品の機能的な優位性をメーカー発信だけでは伝えづらくなってきているのです。


生活者が求めている情報とは

記事の続きを読むためには「会員登録」が必要です。

  • 会員登録をされている方

  • 会員登録をされていない方

    会員登録いただくと、続きを読むことができます。